事業支援– Program 1-1 –

事業課題へ取り組み、
事業を前に進める

どんな目的?

事業の成長や再生を目的に、事業課題の解決に取り組みます。

どんな内容?

クライアントと共に事業課題に取り組みます。

事業が直面する課題の整理から、今後の展望の可視化までを行い、関係者との合意形成の元、事業推進のために必要な検討や行動を支援していきます。同時に、プロジェクト実施後も、クライアントチームが自走し続けるためのスキルを移転し、自走する仕組みを作っていきます。

こんな方にオススメ

  • プロジェクトをリニューアルしたい
  • 社内リソースを活用しつつ新規事業を作りたい
  • 会社の未来や拡大の方向性について壁打ち相手がほしい
  • 事業成長のための中長期的戦略を策定したい

プログラムフロー例

STEP
ヒアリング

経営ボードや各部署のキーマンの方など、ステークホルダーに事前にインタビューを行う

STEP
現状整理

ヒアリング、および貴社から受領した資料、必要に応じ外部調査に基づき、課題を把握し、取りまとめ整理する

STEP
課題に関する協議

課題に関して協議を行い、貴社の今後の取り組み事項を明確にする

STEP
ご提案
STEP
プロジェクト開始
事業支援プロジェクト

期待される変化

  • 事業の課題が明らかになり、解決に向けての行動が生まれる
  • 事業の向かっていく方向に合意が取れ、事業が動き出す
  • 事業運営の基盤が整う
  • 参加者の自発的な思考や行動が促進される
  • 参加者の事業推進スキルが上がる

導入事例